沖縄旅行の魅力

パスポートのいらない非日常空間

海外にある海の美しい場所に飛行機を利用して旅行に行くとなると、パスポートが必須になるほか入国審査などの手続きが必要になります。しかし、沖縄とは本州とは相当離れているものの国内であるため、1972年の日本返還まではパスポート必須だったものの現在はパスポートが必要ありません。そのため、パスポートがない人や有効期限が切れている人でも、行きたいと思ったらすぐに行く事が出来ます。また、海外の海の綺麗な場所に行くとなると、言葉が通じずに困る可能性があるものの、あくまで日本国内のエリアのため言語で苦労する事もありません。そして、特に離島においては島の端に日本国内とは思えないような美しい海が広がっていて、パスポート・入国審査なしで気軽に非日常体験ができるのが魅力です。

温暖なため春から秋まで海に入れて冬には避寒地になる

本州の海水浴場とは夏場しか泳げないところが大半ながら、沖縄とは明確に本州より温暖な気候のため、夏場以外でも海水浴場で泳いだりする事ができます。具体的には冬場のみ寒くて海に入るのは困難になりますが、4月から10月頃までは余裕で海に入れるほか、寒さに強い人なら11月でも海水浴等を十分楽しめます。また、夏場に涼しい「避暑地」で過ごすという文化が日本にはありますが、沖縄は冬でも温暖な気候のため、寒さから逃れるための「避寒地」として最適な場所です。具体的なデータとしては、沖縄本島の那覇は一年のうちで一番寒い2月でも1日の最低気温が10度を下回る事はほとんどなく、平均最低気温が15度前後となっています。さらに最高気温は20度を超す日もあるため、本州や北海道が真冬を迎える時期でも寒さに震える事なくある程度薄着で過ごせます。

© Copyright Going To Okinawa. All Rights Reserved.